スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立漫画喫茶?

とかいうので最近一部で騒がれているようで
一体何の話かと思ったら、
どうやら旧来の美術館等では収蔵が向かない作品を対象にする予定の施設だそうで、
対象は漫画アニメをはじめとするサブカル系のようですね。
で、どうやら今の首相が漫画好きなもんだから、悪印象を植えつける為にどっかの党首が漫画喫茶と言っているみたい。

で、某大型掲示板でも必死に漫画喫茶と喧伝している方々
漫画喫茶で一般的に行われているような行動をあげられて
つまりこういう事ができる場所を国民の金で作ろうとしてるんですね!
それはケシカランですね! とか返信されると
どの方も ピタッ!っと書込みが止まるんですよね
今まで口から泡吹く勢いで長文だらだら流しておいて 面白いですよね。
もしかして漫画喫茶行った事ないんですかね?
まぁ、ID変えて別人装って暴れてるんでしょうけどね

しかし、こういった物は自分で実際に見たことはありませんが、
(なんせ外国といえば中国に2度しか行ったことありませんので)
他国にも似たようなものがあると聞いた事があります。
思うに、自国の文化の主張、またそれを通してのコンテンツ保護としては一定の意味はあると思いますし
(何故一定かというと、恐らく倫理的な問題で大っぴらにできないものや、
八方手尽くしても手に入らないものもあるはずだから、まぁ全ての収容は無理でしょう)、
どうにも中高年の方にはコンテンツ産業は軽視される傾向にありますので、
そういった方々への意識改革としても効果があると思います。
そこまで必死に反対する根拠ってあるんでしょうか?

よく、左巻きの方々は海外ではやってるんだから日本もやれ!といいますが
こういう時だけその論法で来ないのは不思議なものです。
で、つらつらとその手の話を眺めていると…。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

神琳楓雅

Author:神琳楓雅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。