スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記2004/04/12

今日は病院の日。
病院といっても昨日みつけた所なので初診です。

前まで行っていた所と違い、結構離れているので電車乗り継いでバスで目的地を目指します。東武東上線->武蔵野線->国際興行バス->徒歩2分位で目当ての病院に到着しました。
所要時間は1時間位だろうか…乗り継ぎに一切待ちがなくスムーズに行ったけど、時刻表とかみると乗り継ぎに失敗したら1時間以上普通にかかるっぽい…次来る時は気をつけなくては。

病院は白が映える綺麗な建物で、周囲に建物が余り無いので建物の白が結構目立ちます。
入って初診である事を告げると問診票等を渡されたので、思い出しながら記入…結構微妙に設問に外れていたりかすっていたりが多く少し悩む。
暫く待つと名前を呼ばれたので診察室へ。
中に入ると男の先生が…結構人当たりのよさそな人だ…
問診票の記入事項をチェックしながらのやり取りをと思いきや、
肛囲膿瘍と痔ろう項目にチェックがあったので話が一気に進む。
この先生、ざっくばらんな感じに気楽な雰囲気で会話を進めるのですが、要点は抑えてくれるので話しやすい…後でパンフでこの病院の医院長である事を知りました…どうりで巧いわけだ。

膿瘍跡地や肛門周囲、肛門内を調べた結果すぐに痔ろうと確定しました。
…今までのあっちの病院でのやり取りが一瞬ですよ…もっと早くにこの病院の事を知っていれば!
それと、痔ろうだけではなく結構な痔も抱えているようで、痔ろうの手術をしたら痔が思いっきり腫れるのでこちらも一緒に治してしまいましょうと相成りました。
あと、もう30歳目前という事で大腸検査もしておきましょうという事に…癌って事はないだろうけど将来癌の元になるポリープがこの年位から見られるようになるそうです。
「手術はいつ頃にする?なんなら今日でもいいよ?」
と言われたので、明日がいいですと言ったら一番近い日という事で木曜手術、水曜入院&大腸検査という形になりました。
多分今日ってのが本気じゃなかったんだろなぁ…一応うちも会社員だし…。

診察が終ったら採血…手術前にデータを集めるためらしい、入院前や後についての説明を受けました。
費用は全部で8-10万位らしい…少し痛いが仕方がない、健康の為だし。
家に帰る道すがら入院時にもっていくものを100円ショップで購入…ボクサータイプやブリーフタイプの下着がいいらしいが…自分のサイズが分からん…。今日を入れて2日あるから明日に回そう…。

しかし、手術といえば左親指をばっさり縦に切った時に麻酔かけて縫ったのを思い出す…。
あの時は麻酔が切れたら本当に文字通り床をのたうちまわったなぁ…。
ただ縫うだけでもこれなのに、今度は指先と同じ位敏感らしい肛門で痔と痔ろうを切除して縫合ですよ…痛みで泡吹いて死ぬんじゃないか?うち…。
心配だ…。

今日の朝食はご飯と納豆と味噌汁。正に日本人の朝食。
昼食はラーメン…嗚呼数週間ぶりでございます。らーめんうまー
夕飯…昼のラーメンで腹が痛くなり食欲減退…やはり、体調が完璧になるまでラーメンはダメらしい…。
何も食べないのも腹が減るので野菜サラダとほうれん草をしゃくしゃくと食す。あとそぼろ少しつまんだ。
しかし、別に体の形が少し変わろうが一般生活を営めれば気にもしないが、それよりやはり痛みが怖い…仕方ないとはいえどうにかならんもんか…鬱だ。
スポンサーサイト

日記2004/04/11

今日も病院のない日。

修善寺2日目、朝6時半頃に叩き起こされる。
朝食の食べすぎで腹が張る…胃が出てるなぁ…食べ過ぎ。
母が伊豆スカイラインだかなんだか走りたい道があるとかで
早めに出発することになる。(運転手は母親です)
ぐねぐねと峠道を通ってる間に見える富士山が綺麗だったです。
神格化されるのも頷けますね、あれだけ綺麗だと。

祖母を送ってから高速に乗った所で祖母の所に忘れ物をした事が発覚、わざわざ戻るはめに…
母親が疲れてかなり機嫌が悪くなった為に、機嫌直しに8年ぶり位に私が運転しました。祭りで御輿が居る一般道やら高速道路やら走らされ、高速道路に至っては高速教習受けてなかったので初めてでした。しかし、疲れますね…運転は…自分の腕を信用してないので余計に疲れました。

今日の朝食はご飯、鯖の切り身を焼いた奴、湯豆腐、味噌汁、漬物、マグロの中落ち、と豪勢でした…切り身は2枚、ご飯3杯…食いすぎた、やばいかなーと思ったら案の定下痢になりました。食いすぎはよくないです。(単に弱った体に何かに当たったのかもしれませんが)
(つか、一人で若いから周囲の雰囲気で若いもんはもっと食べないとという流れになるのが辛い…俺病気中って言ってあるのに…) 昼飯は釜飯と小さいうどんのセット。釜飯ウマー
夕飯は昼の釜飯のお店で注文した持ち帰り用釜飯でした

夜、某大型掲示板の痔のスレッドを見て、本気で近所に専門医院がないか調べる事を決意する。今までちょっと調べて諦めていたけど、もっと真面目に探せばでてくるはず…で、こいう所を見つけました!
さいたま市にある肛門科胃腸科の専門の病院です:ときとうクリニック
明日、早速行ってみたいと思います。

日記2004/04/10

今日も病院のない日。

今日は修善寺に行ってきました。
修善寺は伊豆半島にある寺でして、周辺が温泉街になっています。
自宅を母親と出発してから祖母の所によって、
修善寺にある祖母の弟にあたる叔父さんの家に行きました。

修善寺はしなびた温泉宿って感じの所ですが、
しなびきってしまって店じまいの所が多いです。
雰囲気はいいんですけどねぇ…
未だ医者の風呂禁止勧告を守っているので
温泉を目の前にしてつかる事もできず、足だけ突っ込む事に…
温泉に何しにきてるんだろなぁ…

朝食はぬき。
昼はICでパンを少し。
夜は仕出しの弁当でした。
今日はちょっと食事量すくなかったかなぁ…

日記2004/04/09

今日も病院がない日

これ書いてるの月曜日…
よく覚えてません。
土日で修善寺行くので少し早めに寝た記憶が…。

ここ数日、本当に今の病院でいいのか悩み始める…。
どうも医者の対応というかセリフが信用できないというか
振り返って冷静に考えてみると、まちまちでどうなってるのか
分からないというか…。

どっかのHPに痔ろうのバイパスはしこりになって分かるので
触れば痔ろうか分かりますと書いてあったのですが、
このしこり、病院初めていった日からあるわけで…
うちが触っても分かるのに…考えてみればしこりを調べるとか
そいう事も全然してなかったなぁ…と。
(膿瘍から肛門にむけて細いしこりが走ってるのがうちでも分かる)
自分の体の事なのでもっとじっくり考えよう…。

日記2004/04/08

今日も病院がない日。

昨日の夜の風呂でも傷の具合を確認。
んー押して出てくる液の量は減ったかなぁ…微妙。
一応、手術のことも視野に入れるべきなのかもしれない。
でもやっぱり傷の部分、少し痛む。
腫れて痛むというか、傷が癒着しきってない痛み…
メス入れられた所が治りきってないのか…?
まぁ、稀に疼くだけで自転車乗っても痛くないからいいけどさ。

今日の朝食は白米、味噌汁、納豆、玄米コーヒー。
昼食はおにぎり、パン2つ、味噌汁。
夕飯はハンバーグに白米にチンゲン菜と油揚げの炒め物とコンニャク。
風邪の症状は昨日よりは少しだけましな感じか。
皮膚の状態も依然変わらず、まぁそうそう劇的に変わるわけも無いか。
一応、皮膚の方は部屋が汚い、エアコンの掃除してないってのが原因ではと見当をつけて、部屋の掃除を少しずつ行う事にした。
同人誌邪魔、溜まったゲーム邪魔、雑誌やマンガや小説邪魔。
綺麗になるのは一体いつになることやら。
プロフィール

神琳楓雅

Author:神琳楓雅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。